簡単にできるストレス発散法

ストレス対策

今回は私が強いストレスを感じ、
一時的に乗り越えることが
できた方法について紹介します。


皆さんも
一時的につらいことがあっても
やるべきことやらないと
いけない時に使って欲しいです。


ちなみに
かなり手軽にできるストレス発散法です。


方法としては
脱フェージョンです。


脱フェージョンがお勧めな理由

なぜ脱フェージョンが
お勧めかと言うと、

ネガティブな思考法と
自分を切り離せるからです。


なぜ
ネガティブな思考法と
自分を切り離す必要があるかというと

ネガティブな行動を
取らないようにするためです。


例えば
「彼女に振られて
俺はなんてダメな男なんだろう」

と思ったとします。


そうなると

「もう誰とも恋愛しない」

「家に引きこもろうなど」

とネガティブな行動になっていきます。


このようなネガティブな
行動を止めるために
脱フェージョンがあります。


やり方を説明します。


やり方

結論から言うと

「・・・と思った」

法です。


例えば

①「自分はなんてダメな男なんだろう
と思ったとします。


そうしたら

→小さく声に出して言ってみてください。


言ってみたら

→体の感覚に注目してください。


多分嫌な気分がすると思います。


頭が重かったり
やる気がおきなかったりと。


②もう一度ネガティブなフレーズを

今度は頭の中で繰り返しながら

フレーズの最後に

「・・・と思った」

と付け加えます。


私の場合

「自分はなんて
ダメな男なんだろう・・・と思った」

となりますので


これを

→5~6回ほど
頭の中でリピートしてください。


③最後にネガティブなフレーズに

「・・・と思ったことに気付いている」

と付け加えます。


私の場合

「自分はなんて
ダメな男なんだろう・・・と
思ったことに気付いている」となり。


頭の中で考えます。


この方法を使えば
ネガティブな考えと距離を
取ることができます。


実際にやってみると
嫌な感情との切り離しができ
ストレスの軽減につながり
とても便利です。


私も失敗したときや
自己嫌悪になった時によく使います。


なんだそれ?



ホントに効果はあるのか?



と思う人いるので、実体験を話します。


実体験として

すみません重い話です。



実際さっき
彼女に振られて
家で泣いていました。



まさしく
俺はなんて
ダメな人間なんだろうと
思っていました。


画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 99678582f3474c07e5966415a1adfdad_w.jpg


それでも
「脱フェージョンをやって」
なんとかブログを書いているので、

間違いない方法です。


1次的には乗り越えれるので、

辛いことがあっても
やるべきことを

しないといけない時は
かなり使えます。



この方法は
いろんなことに応用できます。


例えば
上司に怒らたり
自己嫌悪になっている時にも使えます。



ストレスに強くなりたい方は
ぜひこの方法を試してみてください。


お勧め本

今回もパレオさんの本を
紹介しようと思います。


ストレス対策が
100個乗っています。


ストレス解消法は
科学的に多く持っている方が人は安心でき、

ストレスに強くなります。


また化学的知識を発信している、

メンタリストのDaiGoさんも
お勧めしている本です。





また
私が1年半使った
ストレスに効くサプリメントも
ありますので
もし手早く
解消したい方は
こちらもご覧ください。


まとめ


今回の記事はいかがだったでしょうか?


最後に簡単にまとめますと、

脱フェージョン「・・・と思った法」とは



何か嫌なことがあって自己嫌悪になったら


①「・・・と思った」


②「・・・と思ったことに気付いている」


と頭の中で考えてみてください。


これだけでも
ストレスに強くなるので
試しにやってみてください。


今日も
最後までお読みいただき

ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました