不安障害を治すには

ストレス対策

読者の方から

不安障害の対策について
問い合わせがありました。


今回は不安になりやすい方向けの
科学的な対処法について
解説していきます。


不安障害を治すには

不安障害を治すには
体内の炎症を減らすようにしてください。


体内の炎症が増えると
鬱や不安障害を発症しやすくなるからです。


実際に過去に行われた
2件のメタ分析でも

鬱病患者や不安障害の多くに
体内の炎症が多いことが
確認されているからです。


※メタ分析とは

過去に行われた
複数の研究データをまとめて
大きな結論を出す研究法です。


では体内の炎症を減らすには
どうすればいいのでしょうか


結論から言うと、
睡眠
食事

です。

睡眠

Woman peacefully sleeping in bed at night

睡眠で気を付けること

  • 睡眠は7~9時間は寝ること

  • 夜中に目を覚まさないよう、睡眠の質を高めること


が大事です。


なぜなら
睡眠が7~9時間の範囲を超えると
体内の炎症が激増し


夜中に何度も目が覚める場合も
体内の炎症が増えるからです。


睡眠と炎症の関係の実験


2016年にカリフォルニア大学が
72件のデータをメタ分析した。





結果

  • 睡眠が7~9時間の範囲を超えると
    体内の炎症が激増


  • 夜中に何度も目が覚める場合も
    体内の炎症が増える


ことが分かっています。


この結果からやるべきこと

  • 睡眠時間は7~9時間とる
  • 夜中に目が覚めないように、睡眠の質を高める


睡眠の質を高めるための
記事も用意していますので

睡眠の質を高めたい方は
下のリンクから読んでみてください。


食事

さて食事に関しては
どんな食事をすればよいでしょうか?


結論から言うと
食物繊維をたくさん摂取することです。


なぜなら
炎症性の病気のリスクを
43%も下げるからです。


これは2015年に中国の
PLA病院が行ったメタ分析で

180万人のデータを精査し、

食物繊維の効果について
信頼性の高い結論を出しました。



結果

食物繊維の摂取量が多い人は
少ない人と比べ

  • 早期死亡率が43%も下がり癌の発症率が17%低下


  • 炎症性の病気のリスクを43%も下げた


データによると
食物繊維の摂取量が10g増えるごとに
早期死亡率が11%づつ低下します。


これなら
下手にサプリを飲むより食物繊維を増やした方が
健康になれそうです(笑)



食物繊維を増やすには

食物繊維を増やすには

野菜とフルーツを多く食べる事が大事です。


特に食べるべきもの

  • リンゴ
  • ごぼう
  • 寒天
  • 海藻
  • キノコ類
  • オクラ


上の食材は腸内細菌も好むものなので
積極的に
食べていきましょう。


また普段からは
和食を食べるようにすれば
自然と食物繊維の摂取量は
増えていきます。


あと
私が使っているお勧めのものを
紹介します。


レジスタントスターチ

レジスタントスターチは
でんぷんの一種
腸内の微生物が大好きな食物繊維です。


これを取ることによって
腸内環境が良くなりました。


便通が良くなったので
便秘の方はぜひ使ってみてください。


1日30g
ヨーグルトやオートミールに混ぜて
一緒に食べています。


粉みたいな感じです。
ヨーグルトに混ぜても
そんなに味は変わらないです


体内の炎症が増える食材


逆に体内の炎症を増やす食材
ついても紹介します。



結論から言うと
トランス脂肪酸です。


トランス脂肪酸とは
植物油に水素を付加して作られた
人口的な油です。


日常だと
パンや揚げ物などに
使われています。


ドリアンパンケーキ, ドリアンの春​​巻き, ドリアンボール, 揚げ物, ロイヤルドリアン

総摂取カロリーの1%を取るだけで
悪玉コレステロールは激増します。


2005年にハーバード論文でも、

総摂取が多い人ほど
体内の炎症が多いことが分かっています。


ですので
体内の炎症を増やしたくない人は
揚げ物やパンを食べるのをやめましょう。


実際に
私も揚げ物やパンを食べる量を減らしたら
メンタルは安定するようになりました。


まとめ

今日の記事はいかがだったでしょうか?


不安障害を治すには
炎症対策をすることが大事だと
よくわかったと思います。


読者にやってほしいこと

  • 睡眠は7~9時間とる
  • 夜中に目が覚めないように、睡眠の質を高める
  • 食物繊維を多く取る
  • 揚げ物、パンを食べないようにする。


今日学んだことを
実践してもらえれば、

不安に強くなると思いますので
ぜひやってみてください。


最後まで読んで頂き
ありがとうございます。


コメント

タイトルとURLをコピーしました